Story【こだわり】

こだわりを持つ男性への贈りもの選びは、とかく悩むもの。

「何でも持っているあの方に希少なものを・・・」「ハレの日のお祝いに記憶に残るものを・・・」「お世話になっている上司に一目置いてもらえるものを・・・」「礼儀を重んじるあの方に礼法に沿った贈りものを・・・」など、悩みは尽きない。そんな悩みを楽しみに変えるのが、idé hommeのギフト。

高級感溢れる桐箱idé hommeでは、どのような場面でも贈り主の特別な気持ちを演出できるよう、パッケージも本物にこだわった。きっかけは、当社が探していた特別なカシミア糸を手配してくださった糸商社の社長の一言。

「こんな靴下は桐箱にでも入れてあげなあかん!」

その言葉を聞き、世界に誇る日本のものづくりの素晴らしさを、靴下だけではなく贈りもの全体で表現したいと思い、全国にある伝統工芸品の老舗工場を回った。

艶やかで美しい真田紐桐箱は、東京上野で明治元年より続く老舗桐箱店に、焼印を押したオリジナル箱の製作を依頼。高級感溢れる箱が、贈り手の真心を効果的に表現する。

また、福井県越前市の和紙の町では、靴下を包む内紙に柔らかな越前和紙をセレクト。優しい色合いと風合いが、靴下の温かみを醸し出す。

さらに、石川県金沢市では、艶やかで美しい真田紐を数種類選び、季節や商品によって色柄を変えて桐箱に掛けることにした。

約430年前に創業の起源をもつ「日本香堂」の名刺香そして最後に私達は、印象に残る贈りものに大切なのは香りであると考えた。
贈り手にも受け手にも好まれる香りを探した末に、約430年前に創業の起源をもつ「日本香堂」にコラボ協力を依頼。お香の成分が繊維に影響を与えることがないか数か月間テストを重ね、念願叶って使わせてもらえることになった名刺香の香りは、桐箱を開けた瞬間の驚きや喜びを記憶に残す。

繊細な日本人が作り出すパッケージの美しさは、しばしば世界を驚かす。一方で、大切な人の顔を思い浮かべながら、相手を敬い、気遣う気持ちは、贈りものに“品格”を生み出す。美しさに品格を重ねるパッケージは、完璧さを求めた格調高いものでなければならない。その事に気付かせてくださった、今は亡き社長の言葉に感謝する。